若い力で白岡市・宮代町を活性化!渡辺そういちろう 公式ホームページ

ピンポン玉のような雹 2022/6/3

短い時間でしたが、激しいゲリラ豪雨があり、ピンポン玉の大きさの雹が降りました。夏に雹は珍しい事ではありませんが、ここまで激しいのは珍しいと思います。
 

地域の農家さんを回ると、やはり雹による被害がありました。とある梨農家さんでは梨畑の8割が被害にあったとの事。保険やネットをかけていない農家さんも多いです。今後の対応策について担当課と話し合いたいと思います。

IMG_0171.jpg
IMG_0173.jpg

蓮田の山口市長と 2022/6/2

先日、蓮田市の新市長に就任された山口京子市長とお会いしました。山口市長は先日の市長選挙で圧倒的な得票数で勝利されました。選挙中は自分も出陣式や街頭演説に参加し、応援しました。
 

この日は蓮田市と白岡市の連携事業について、色々とご相談させて頂きました。快くご協力頂けるとお返事頂き、大変ありがたいです。
 

蓮田市は駅前を綺麗に再開発し、立派な分譲マンションが建設されました。蓮田スマートIC上り線出口も4月に開通し、どんどん都市整備を進めています。山口新市長はコミュニケーション能力が抜群で、ネットワークも豊富。これから蓮田市をさらに発展させていくと思います。白岡も負けずにがんばらなければ!

0531pic2.png

ウェルシアハウスにて 2022/5/28

ウェルシアハウスで行われている地域集会にお招きいただきました。少しの時間でしたが意見交換もできました。
 

ウェルシアハウスは白岡市の地域包括支援センターに指定されています。地域包括支援センターは高齢者の方が介護や医療、福祉などを総合的に相談できる窓口のような施設です。白岡市内ではこの地域包括支援センターが2か所あります。様々な方々がセンターに定期的に集まり、集会など交流をしています。
 

地域の方々が気軽に集まり、日常の困りごとなどを相談したり、懇親を深めたりする場所は重要です。空き家等をうまく活用して、こういった集える場所を増やせればと思います。

05292.png

議会運営委員会 2022/5/27

今日は議会運営委員会がありました。来週から始める議会の日程が決まりました。6月2日に開会となり、一般質問は6日からとなります。今回は議員全員が一般質問に登壇します。
 

議会で審議する議案も決まりました。今議会では税条例や文化財保護条例の改正、補正予算などが上程されています。これから議案書を詳しく読み込んでいきます。

一般質問についても、しっかり準備をしていきます。市民の方々から寄せられた声をもとに、調査を行い、内容の検討や資料作りを進めています。

広報常任委員会 2022/5/9

今日は広報常任委員会がありました。先月行った「議会報告会」の報告を、議会だよりに載せるため、打ち合わせを行いました。
 

議会報告会については、お越し頂いた方々にアンケートを取りましたが、概ねご好評を頂きました。もちろん内容に反省点はありますが、成功だったのではないかと思います。
 

次号の議会だよりでその様子などを広報する予定です。

IMG_0021.jpg

市政報告会を開催 2022/5/1

市政報告会を開催しました。今回も人数制限を行っての開催となりました。市政の事そして自分の活動の事などを、できる限り丁寧にお話させて頂きました。
 

皆様に熱心にお聞き頂き、質問やご意見も飛び交う活発な会となりました。
 

帰り際に、「地域の将来を頼みます」と切実なお言葉を頂きました。頂いたお言葉を胸に、これからも地域や生活の課題解決に向け、誠実に、着実に取り組んでいきます。

IMG_994423232 - コピー.jpg

白岡バンドフェスが開催 2022/5/1

今日は白岡バンドフェスティバルが開催されました。毎年5月に開催される野外音楽フェスです。市内外で活動するアマチュアバンドがふれあいの森公園に集まります。
 

今回も野外ステージで熱のこもったパフォーマンスが繰り広げられました。所用があり最後までいられませんでしたが、生演奏を間近で楽しませて頂きました。

IMG_9953.jpg
IMG_9959.jpg

4回目のワクチン接種 2022/4/29

昨日の全員協議会で4回目のワクチン接種について市から説明がありました。5月中に接種券が発送できるように準備を進めるとの事です。
 

まだ詳細な接種開始日など細かな事は決定していません。接種体制については、これまでのように地域の医療機関で行い、ワクチンはファイザーとモデルナが使用される事が予定されています。
 

4回目の接種は、主には重症化予防が目的になると思います。ただ、自治体は基礎疾患のある方を把握していないため、対象者に接種券を送付する事は難しい状況です。基礎疾患のある方は自己申告で接種して頂く事になります。対象者への周知をどう徹底するかなど課題が残っています。

5191486_s.jpg

情報操作のチラシについて 2022/4/25

先日、新聞折り込みで他会派の方の政治チラシが入りました。それによれば、自分が保育所建設に反対しているとの事です。
 

冗談じゃありません。完全な情報操作であり、これについてはしっかり抗議します。
 

保育所整備に反対などするわけがありません。子育て環境の充実は、自分の議員生活のライフワークであり、保育所の増加は自分がずっと訴えてきたことです。
 

チラシには保育所整備の議案が出て、自分が反対したように書かれていますが、そもそも、3月議会に保育所整備の議案は「出ていません」。反対したのは旧庁舎跡地の土地の「貸付料」です。貸付料が著しく安い事、そして土地利用に計画性が見られない事を問題視しているのです。適正価格できちんとした契約を結び、計画性を持って事業を進めるべきという事で修正案が出されたのです。
 

まずあの土地についてですが、路線価1平方メートル約8万円の場所の土地を1平方メートル500円で貸し出す。この価格があまりに安すぎる。
 

次に地下に基礎杭が残っているため、新たに建設する建物の建設面積が著しく制限されています。なぜ杭を撤去しなかったのか、根本的に「土地利用の計画性」に疑義が持たれているわけです。

さらに保育所整備については計画的に進めてもらわなければなりません。保育所というのは無計画にどんどん作れません。「子ども子育て支援事業計画」の中で、どれくらいの保育所を整備するのか規定されています。以前から保育所の整備状況に偏りがある事は問題視されています。(場所や受け入れ人数、老朽化等)

新たに保育所を作るならば、どの場所に作るか、計画的に進めなければならないものです。
 

繰り返しますが、事業内容に反対しているわけではありません。市に望む事は、「適正価格を検討してほしい」という事、そして「土地利用を計画的に行ってほしい」という事の2点です。極端に言えば、これをノーチェックで許したらどんどん市の土地を安売りされてしまう危険性があると言えます。
 

政治的に陥れるような情報操作は、何も生み出しません。
 

最後に余談です。チラシに勝手に名前を出す事自体、モラル的にどうかと思いますが、出すなら、自分の名前くらい間違えないで書いてほしいと思います。

議会報告会を開催 2022/4/23

今日は、こもれびの森で議会報告会を開催しました。白岡の市議会議員が全員で取り組む報告会です。今回が初の試みです。1部は常任委員会の報告、2部は参加者と議員によるグループワークの構成で、約3時間の報告会となりました。グループワークでは「白岡市の将来」をテーマに、「白岡にこんな政策が必要」「こんな街にしていきたい」など参加者の皆さまと意見交換を行いました。まちづくりに対して率直なご意見をたくさん頂き、非常に有意義な会となりました。ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。頂いたご意見を今後の議会活動の参考とさせて頂きます。

ggggggggggika.png
IgikaiMG_9894222.JPG

空き店舗の活用支援が始まります 2022/4/21

今年度から新たに「駅周辺空き店舗出店支援事業」が始まります。ちょっと長い名前ですが、この事業は空き店舗を活用して新たな事業を始める方に費用の補助を行うものです。
 

以前から議会の一般質問で、「市内で空き家や空き店舗が増えており、有効活用が必要だ。新たな事業者が遊休不動産を活用しやすくする支援策を打ち出せないか」と政策提言を行ってきました。

rtrr2.png

市政通信No23より

 

今年度に入り、空き店舗活用の取り組みが一歩前進しました。具体的には駅周辺の空き店舗を利用して新事業を行う事業者に、改修費などを市が補助します。こうした制度を活用して頂き、商店の新陳代謝が図られる事を期待したいです。
 

もちろん、この制度だけでは不十分です。ここからさらに進み、空き家・空き店舗活用を総合的にサポートする政策が必要だと考えています。

1008629_s.jpg

これからのまちづくりは、今ある資源を有効活用し、新しい価値を生み出していく事が重要です。空き家や空き店舗の再生(リノベーション)を官民連携で取り組む事を「リノベーションまちづくり」と呼びます。リノベーションまちづくりの進んだ都市では、商店街に新たな事業者が集まり、地価の上昇や歩行者の増加など具体的な成果が出ているところもあります。リノベーション(再生)が連鎖的に行われる事で街が活性化していきます。
 

白岡に商店が増え、新たなコミュニティやまちのコンテンツ・イベントが生まれる事で、街の価値が上がり、活性化の好循環ができてきます。白岡の活性化、そして人やお店を呼び込むまちづくりを推進していきたいと思います。

5166258_s.jpg

千駄野のしっぽマルシェ 2022/4/17

今日は千駄野のしっぽマルシェに行ってきました。午後に行きましたが、たくさんの人で賑わっていました。午前中はさらに多くの人出だったようです。動物モチーフのセンスの良い小物がたくさん並び、フードもあります。途中でヴァイオリン、ピアノ、チェロ、コントラバスの演奏も。皆さん買い物や音楽を楽しんでいました。

IMG_9853.jpg
123125dddd.png
IMG_9850.jpg

久喜の選挙 2022/4/10

今日は久喜市長選挙の告示日です。現職の「うめだ修一」候補の応援に行ってきました。うめだ候補は保育所の待機児童ゼロを達成し、県内ではいち早くオンライン授業の導入を進めるなど、子育て教育分野で確かな実績があります。さらに南栗橋ではイオンや東武鉄道、大学、トヨタホーム等と連携した次世代のまちづくりが予定されています。うめだ候補の「チャレンジするまちづくり」に期待しています。

IMG_9801.jpg

また、今日は久喜市議会議員選挙も告示されました。13時から行われた「そのべしげお」候補の出陣式に参加してきました。そのべ候補は懐深く、面倒見がよく、頼りになる方です。様々な市政課題に粘り強く取り組まれており、地域からの信頼も厚いです。市議選は多くの候補者が出馬しているようですが、勝ち抜いてほしいと思います。応援しています。

IMG_9810.jpg

地域の課題対応 2022/4/5

今日は行政区長とともに道路課にて地域の道路整備について打ち合わせです。側溝整備や歩道設置など、地域道路に関しては様々な課題があります。各地域から要望や陳情があがっていますが、なかなか予算措置がされない所が多くあります。

整備手法などを工夫していかないと、いつまでも整備が進みません。危険性、公共性の高い地域道路は少しでも早く対応をして頂きたいと思います。自分も他の自治体も参考にして、効率的な整備方法などを研究したいと思います。たくさんの陳情を頂いていますが、一つずつ取り組んでいきます。

IMG_9784.JPG

議会だよりの編集中 2022/3/28

市役所でも綺麗な桜が咲いています。今日は議会広報委員会がありました。5月に発行される議会だよりの編集作業を行なっています。議会だよりは3か月に一度発行し、市議会の様子をご報告しています。どうしたら市民の皆様に手にとって頂ける、読みやすい広報誌になるか、試行錯誤しながら編集委員全員で作業に取り組んでいます。

議会だより、もっとこうした方が良いんじゃないの?というご意見等ありましたら、是非お寄せください。

IMG_9717.PNG
IMG_9712.jpg

衛生組合の議会 2022/3/26

25日は衛生組合の議会があり、令和4年度予算の審議などを行いました。蓮田白岡衛生組合には一般質問を行う機会がありません。議案に対する質疑のみで、議員主導の政策論議まではできません。一般質問の機会があれば、衛生組合の行政全般について、もう少し深堀りして問題提起する事ができます。「これからは一般質問の導入も検討していかないとね」という事を蓮田の議員さんとお話させて頂きました。「すぐに」導入というわけにはいきませんが、制度導入の課題など整理していきたいと思います。
 

また、衛生組合では地域の情報サイト「ジモティー」と連携してリユース活動を行っていく事になりました。CO2削減や環境負荷低減に重要な取り組みがリデュース、リユース、リサイクルの3Rですが、その中でリユースは「もう一度使う」こと。自分には不要なものでも、誰かが必要とするかもしれません。捨てる前にできるアクションを自分も心がけて行きたいと思います。

25325e.png

地域回り 2022/3/23

最近は雪が降る日があったり、暖かい日があったり、気温の差が激しくて体調管理が大変です。議会が終わったので、地域回りをしていますが、地域を歩いていると色々なお声を頂きます。今日は市民の方から「通学路にある水路のフェンスのところどころに穴が空いていて危険」との報告を頂きました。市に繋げたところ、水道課が迅速に対応してくれました。職員の方々の素早い対応に感謝致します。

IMG_9658.jpg
IMG_9659.jpg

副市長の人事について 2022/3/20

今議会では副市長の人事案件がありました。現在の副市長の任期が終わるため、新たな人選が行われます。
 

副市長は市のナンバー2であり重要なポジションですので、以前からどのような方が選任されるのか気になっていました。
 

昨年末くらいでしょうか、新たな副市長は県から来るという噂がありました。「今現在、ナンバー3である総合政策部長が県から来ている中で、なぜナンバー2の副市長までも県から?」という違和感がその時はありました。
 

議会が始まり、最終日に副市長の選任が行われることになりました。どのような方が来るかわかりませんでしたが、最終日の1週間前に副市長候補のプロフィールを教えて頂きました。
 

何度も市長サイドから「賛成して欲しい」とお話がありました。しかしお会いしたこともない中で人物を評価する事は難しい状況でした。
 

そこで、市長が「どのような理由で」「どういった経緯」で新たな副市長を選任したのか質問するしかないと考えました。しっかりした理由が無ければ、白岡に天下りの席が用意されるだけになってしまう可能性があります。
 

すると副市長の選任理由は「県とのパイプをつくりたい」との事でした。しかし、ナンバー3の部長が県とのパイプ役を担っている中で、さらにその役割が必要だろうか?また、外部とのパイプづくりという政治的な色合いの強い仕事は市長の役割、または県議会議員の役割だと考えます。
 

自分の考えでは、副市長は職員をまとめあげて、市長のマニフェストを具体化していく役割があると考えています。市長が自由に動き回るためにも、副市長は市職員を熟知し、組織を監督できる方が望ましいと思っています。そのためには、白岡市での活動経験があった方がよい、また何か起きた時の危機管理体制の観点からも白岡市在住の人の方がベターとも考えられます。
 

「外からの視点がほしい」とお話されていましたが、これについては自分も同意するところです。しかし、今回の人選について経緯を伺うと、市長が自ら当該人物を指名したというより、大野知事の推薦で選ばれたと伺いました。この経緯を伺い、選任方法に疑問を抱きました。私たち議員だけでなく、市長すら副市長の人となりについて知らないのではないかと推測します。
 

副市長を県から登用する理由と経緯に十分に納得が出来ず、今回の人事案件には同意できませんでした。結果として反対は7名いましたが、10名の賛同があり、副市長人事は決定しました。
 

結果が出た後はノーサイドです。市長も議員も白岡を良くしたいという思いは同じでも、意見が異なる場合があるのは当然のことです。
 

白岡をもっと良くするために、新しい副市長としっかり協力し、そして時には議論しながら、より良い方向に進んでいきたいと思います。

新白岡駅東口の駐輪場の閉鎖について 2022/3/17

今議会に新白岡駅東口の駐輪場を閉鎖するという議案が上程されました。今は白岡駅と新白岡駅の両方に市の駐輪場がありますが、新白岡駅の方は赤字が続いており、閉鎖を考えているとの事です。しかし利用者の方々からは「屋根付きの駐輪場が無くなると雨の日に困ってしまう」、「月極のバイク置き場が無くなってしまう」等の声が寄せられました。渡辺は閉鎖の前に、困っている方々に「代替手段」を用意すべきと一般質問で提言しました。一般質問の一部を抜粋してご報告します。

FLjsT3YaAAExlif.jpg

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

<渡辺の質問>新白岡の駐輪場を閉鎖するとの事だが、日常生活に影響が出てしまうというご相談を頂く。閉鎖ではなく建物内の駐輪場部分を縮小して、それ以外のスペースの有効活用を図れないか?(例えば市役所連絡所、集会場、民間への貸出など)

市役所の答弁 赤字額が年間約400万と大きいので、閉鎖の方向で考えていきたい。

<渡辺の質問> 閉鎖で困っている方々に「代替手段」を用意する事が必要だ。周辺にある民間駐輪場と協議し、月極バイク置き場と屋根の設置を進めるべきだ。市民に寄り添った丁寧な対応を求む。

市役所の答弁 民間駐輪場に屋根の整備等を要望していく。民間駐輪場への屋根設置費用の補助については必要性について検討していきたい。 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

駐輪場閉鎖については、色々な会派から代替手段を用意すべきという要望が出されていました。自分も代替手段が用意されるならば、閉鎖はやむなしと考えていました。しかしながら、最終日の採決までに屋根の設置について具体的な代替案の進展は見られませんでした。

行政サービスを閉鎖する時は丁寧な対応が求められます。やはり閉鎖する前に、その影響を測り、閉鎖によって困る方々に代替手段を検討する事が必要だと思います。今回は困っている方々への代替手段の検討が不足していると考えたため、現時点で駐輪場を閉鎖する事には反対しました。自分の他には中村議員と松本議員も反対しましたが、賛成多数で閉鎖が決まりました。 

市には民間への屋根設置等、代替手段の確保について継続して取り組んで頂きたいと思います。

 

※参考:新白岡駅東口自転車駐車場の閉鎖に伴う市民説明会について

 

 

 

市の予算が修正され、可決しました。 2022/3/17

3月議会が終わり、159億の予算が決まりました。今回は予算に修正すべき点があるとして、議員から「修正案」が提出されました。渡辺も修正案に賛成し、結果として修正案が可決されました。
 

修正点は「旧庁舎跡地の土地利用」についてです。先日、ブログでも書きましたが、予算案の中に旧庁舎跡地の土地貸付がありました。年間約100万円で法人に旧庁舎跡地を貸し出すとの事です。土地の利活用は大切ですが、その金額が安すぎる事は問題です。

旧庁舎跡地は白岡駅東口から徒歩5分程度の一等地であり、約2700㎡の大きな土地です。公有地は市の大事な財産です。有効活用はもちろん必要ですが、著しく低い金額で市の財産を貸し付ける事は看過できません。
 

貸付金額が極端に安い理由は「地中に杭が残っているから」との事でした。そもそもなぜ旧庁舎を撤去する際に地中の杭も除去しなかったのか疑問が残ります。市には10年先、20年先を見越した「計画的な」土地利用を進めて頂きたいと思います。今回の土地利用については契約内容を今一度検討して頂き、適切な契約を結んで頂きたいと思います。

wwwww123k.png

それ以外の部分については、賛成できる部分とできない部分の両面ありました。賛成できる部分としては、「福祉の総合相談窓口」の設置や「空き店舗の活用支援事業」です。
 

「福祉の総合相談窓口」は福祉に関連する相談窓口を一元化するもので、子育てや福祉や介護など様々な相談事を一つの窓口で対応します。複合的な課題を抱える相談者に対してワンストップで解決策を提示できるようなサービスを期待しています。
 

また「空き店舗の活用支援事業」は空き店舗を活用して新たな商売を始める方を支援する制度です。新規事業者が空き店舗を改修する際に補助が出ます。こうした制度を活用して白岡で新しい商売を始めて頂き、新陳代謝が進み、市内の活性化に繋がればと思います。
 

今回のように予算が修正されたのは自分が議員になってから初めてかもしれません。今後も市の取り組みを慎重にチェックし、認められないものは認められない、しかし応援する所はしっかり応援していきたいと思います。

お問い合わせ先

渡辺そういちろう事務所
〒349-0214
埼玉県白岡市寺塚31
tel:0480-53-5834
fax:0480-92-2258
>>メールフォーム

QRコード

QRコード