若い力で白岡市・宮代町を活性化!渡辺そういちろう 公式ホームページ

文化財愛護会の総会 2023/5/21

野牛文化財愛護会の総会に出席しました。文化財愛護会の皆様は新井白石公と白岡市の繋がり、歴史を深く研究されています。今日も古い文献から、新井白石公の新たな仮説が浮かび上がりました。新井白石を調べていく中で、はるか昔の白岡の姿も少しずつ見えてきます。歴史を知ることは、これからの未来を考える事にも繋がります。地域の歴史をしっかり継承していきたいと思います。 

「彩のかがやき」米作り 2023/5/21

今日は朝から小島県議のこじま農園に伺い、「彩のかがやき」の種まきのお手伝いをさせて頂きました。苗箱に種もみをまいて覆土をかけています。ちょっとぎこちないですが(笑) 

小島県議は大規模に米を作っていますが、自動運転トラクターなども導入し、近代的で合理対な農業経営をされています。これからの農業のカタチを見せてもらいました。

進修館のコンサート  2023/5/20

今日は春日部法人会宮代支部の公開講演会にお招きいただきました。宮代支部では毎年講演会が行われていますが、今年はオペラ歌手の古澤真紀子さんのコンサートが開催されました。

古澤さんは宮代生まれ宮代育ちで、メゾソプラノ歌手として多数のコンサートに出演されています。進修館の会場に200名近くの方が集まりました。ビゼーのカルメンから夏の思い出までたくさんの方が楽しめるプログラム。凄く近い距離間で本格的な歌声を聞けて、皆さん大満足でした。個人的には和と洋の雰囲気が入り混じった武満徹の歌曲が良かったです。春日部法人会宮代支部の皆様、お誘い頂きありがとうございました。

水辺空間の活用 2023/5/18

宮代町では地元の方から、河川空間をオープンスペース化して、川を活かしたまちづくりができないかとご相談を頂いています。河川を綺麗にして、水辺に遊歩道や広場などをつくり、河川敷でイベントもできる空間にするものです。地元行政区や団体の方々と杉戸県土事務所を訪れ、取り組みの進め方や県の補助などを協議しました。

杉戸ではそういった水辺を活用した取り組みが進んでいます。近隣の例も参考にしながら、宮代町に合った形を研究しています。

町民の皆様から様々なご相談を頂き、魅力的なまちづくりを進めるために取り組んでいます。もちろん中々簡単ではないご相談もありますが、粘り強く取り組み、実現出来るように努力していきます!

杉戸町で進められている水辺活用事業

 

県議会での活動がスタート! 2023/5/17

今日から県議会での活動が本格的にスタートしました!登庁ランプを付ける時、改めて重責を感じ、身が引き締まる思いでした。

議場では執行部と全議員の初顔合わせがあり、その後は知事公館にて懇親会がありました。大野知事、そして一期生の同期の皆さんとともに写真撮影。これから皆さんと一緒に情報共有しながら頑張ります。23日にはいよいよ臨時議会が開かれます。そこで委員会などが決まる予定です。

商工会の令和5年度総会  2023/5/15

白岡市商工会の令和5年度総会に出席し、挨拶させて頂きました。商工会の皆様には引き続き、地域経済の振興にお力添え頂きたいと述べさせて頂きました。また埼玉県の今年度予算の事業を紹介致しました。

 

埼玉県では、令和5年度の予算の中で「社会のDX化」に向けた取り組みが重点的に進められています。具体的に商店街DX推進事業ではキャッシュレス決済の導入+ECサイト開設の支援など、商店街のデジタル技術導入を支援しています。また、紙チケットや紙商品券の電子化やアプリ導入も補助制度を設けていますので、ぜひ活用して頂きたいと思います。

 

コロナ禍で商工業にも大きな影響があったと思いますが、今年度はイベントなども復活し、地域経済を活性化させていかなければなりません。事業者の皆様とともに、白岡市の活性化を目指して、新しい取り組みも進めていきたいと思います。

 

話は変わりますが、今日は白岡市議会の議長選挙があり、新たに大島勉議員が議長に選任されたとの事です。オール白岡のまちづくりを掲げている大島議長には、一丸となったまちづくりを進めていくため、議会運営でお力を発揮して頂きたいです。期待しています。

イベント盛りだくさん 2023/5/14

今日はイベントが多数!高岩公園で開かれた新白岡ヒルズマルシェ。今回も市内外からキッチンカーが多数出店し、たくさんの人で賑わっていました。

宮代町の新しい村では「ゆるゆるモルックフェスティバル」が開催。モルック、流行ってますね。ルールはシンプルなんですが、戦略性があって奥深い競技です。

大山で開かれた柴山マーケットは今回が初開催。多肉植物や観葉植物等が集まったイベントです。マダガスカル産の変わった植物が異様なオーラを放っていました!若い方にも人気のようです。

市内町内たくさんのイベントがありましたが、雨が降らず良かったです。

ビストロ15でランチ 2023/5/13

金曜日は事務手続きや会派の会議があり県庁へ行ってきました。以前、白岡市に出向に来ていた県職員さんや顔見知りの職員さんにお会いできて、懐かしい気持ちに。皆さん変わらず、お元気そうでした。

 

土曜の今日は白岡市内のビストロ15でランチ。ここはワンコ同伴OKのカフェで、今日もワンちゃんが隣で食事していて、癒されました。(15はワンコという意味のワンファイブです)牛肉のボロネーゼは牛肉ゴロゴロで美味しかった!週2回はパール店長(ワンちゃん)も出勤するそうです。白岡市内のおススメカフェです。

街頭で活動報告  2023/5/11

今日は各地を回り、街頭で活動報告を行いました。大島市議にもご一緒頂きました。活動報告と言っても、県議としての本格的な活動はまだこれからなので、県政で取り組む「子育て教育」「医療」「都市整備」について、現状の課題と政策をお話ししました。

 

子育て教育については、大阪で所得制限を設けない高校無償化の取り組みが進められています。埼玉県も、もっとダイナミックな子育て教育支援策が必要ではないかと思います。大野県政に是々非々の姿勢で、政策提言していきます。

県議会のスケジュールですが、16日に全議員の初顔合わせがあり、23日に臨時議会が開かれる事になりました。本格的な議会定例会は6月からになります。しっかり準備を進めていきたいと思います。

今年度の県事業を確認 2023/5/9

久喜市の梅澤県議とともに県土整備事務所を訪問。白岡市と宮代町の今年度の土木関係の県事業を改めて確認しました。宮代町の方はやはり新橋通り線と和戸踏切の立体交差化が大きな事業ですが、このままでは時間がかかってしまうので、早期実現に向けて課題を整理し、効率的な整備を促していきたいと思います。

 

白岡市の方は橋の補修や河川改修など必ずやらなければならない事業には予算がついていますが、街の大きな発展に繋がるような県の事業が計画されていません。これから議会などを通してしっかり提案していきます。

 

また、長年課題となっている県道の渋滞問題についてもお話ししました。職員の皆様と解決策を見出していきたいです。

午後は白岡市観光協会の定期総会に来賓としてお招きいただきました。

今年は白岡まつりの復活など、市のイベントが活発になってくると思います。観光協会の業務もますます増えていきます。行政は後ろから観光事業をサポートしていく事が必要です。自分も地域活性化と魅力アップに向けた取り組みを議会以外の場でも進めていきたいと思います。

 

コロナが5類移行し、変わる事、変わらない事  2023/5/8

今日から新型コロナの位置づけが「5類」に移行されました。それに伴って埼玉県の新型コロナ対策本部も廃止となりました。5類となった事で、これまでとは変わる事があります。

・外出制限が「無くなる」

コロナ陽性となった方や濃厚接触者の方の外出自粛は無くなり、療養中の健康観察も無くなります。ただ、発症後5日間は他人に感染させるリスクがある事から、5類移行後も「5日間は外出を控えること」が奨められています。(個人の判断を尊重)

 

・幅広い医療機関で受け入れ

外来や入院についても幅広い医療機関での対応となります。受診先の確認や受診に迷う場合があれば、県のコロナ総合相談センター(0570-783-770)にご連絡をお願いいたします。

 

・感染者の把握は定点観測に

感染者数については、これまで日ごとに把握・発表してきましたが、5類移行後は週1回などの集計(定点観測)になるようです。流行状況の把握は継続的に行われます。

 

・医療費は自己負担額が生じる

外来や入院に係る治療費はこれまで公費だったものが、コロナ治療薬と入院費用等の一部を除いて、自己負担額が生じます。ワクチン接種は引き続き無料です。

 

変わっていないこともあります。換気や手洗いといった、基本的な感染防止対策はこれまでと変わりません。また、新型コロナが5類になったからといって、埼玉県の医療体制の課題が解決したわけではありません。感染症が蔓延した時の保健所の混乱や関係機関との連携不足、そして何より医療環境の弱さ、こうした事はこれから克服していかなければならない課題です。アフターコロナのまちづくり、特に医療にはやるべき事がたくさんあると自分は考えているので、力を入れていきたいと思います。

白岡市美術家協会の総会   2023/5/7

白岡市美術家協会の第22回総会に出席しました。市長、教育長とともに来賓としてお招き頂き、ご挨拶させて頂きました。

 

白岡市美術家協会の皆様は中央公民館で「白美展」などを開催され、絵画や書・彫刻など素晴らしい作品を多数発表されています。自分も何度か展覧会に足を運びましたが、会員の皆様の作品のクオリティの高さにびっくりした記憶があります。

 

ここ数年は新型コロナで展覧会を開催できない年もあったと思いますが、その中でも創作を継続され、ネットで作品発信なども行われています。これからアフターコロナのまちづくりが始まりますが、文化・芸術に接する機会をますます増やしていく事が大切だと思います。 

美術家協会の皆様には地域の文化芸術活動の推進に今後もお力添え頂きたいと思います。会のますますのご発展をお祈りしています。

春の交通安全運動 2023/5/6

春の交通安全運動の出発式があり、来賓としてご挨拶させて頂きました。自転車の交通ルールの周知についてお話ししました。

今年4月には自転車のヘルメット着用が努力義務となりましたが、まだまだ着用されていない方も多く見られます。やはり頭部を守る事により大幅に事故のリスクが軽減できます。自転車の事故は多発していますので、自転車利用のルールを今一度しっかり発信していく必要性を感じています。警察、関係機関、そして地域の皆様とともに、交通安全策の普及と事故防止の取り組みをしっかり進めていきたいと思います。

 

式典の後には吉良県議(杉戸・幸手市選出)と一緒に啓発活動にも参加させて頂きました。

こどもの日  2023/5/5

こどもの日は家族で宮代町の新しい村へ。天気も良くて、野外でミニコンサートもありました。新しい村は直売所やカフェだけでなく、広い芝生広場もあり、こういった休日に家族でくつろげるので良いなぁと思います。

お昼には「カドノウエ」でグリーンカレーを頂きました。進修館の近くにあるシフォンケーキや焼き菓子のお店ですが、2階でランチをやっています。スパイスが効いていて本格的、おススメのカレーです。 

学童保育の待機児童 2023/5/2

今日は嶋田市議とともに白岡市役所のこども保育課を訪れ、学童保育の待機児童の問題について部長・課長・職員の皆様と話し合いました。 

選挙期間中、新白岡地区で「学童保育所に入れず困っている」というご相談を頂いていました。

市としては、本年度中に東小学校の体育館の北側に新たな学童保育所を増設する予定です。現在は設計中で年明け開所を目指しているとの事。これができれば保育所の待機児童は解消される見込みです。とは言え今現在入所待ちで困っている方々がいらっしゃいます。保育所だけでなく一時預かりサービスなども地域にあったものが実現できないか、対策を検討していきたいと思います。

 

また、白岡市では学童保育の指定管理者のモニタリング評価の公表が始まりました。とても良い取り組みだと思います。やはり量だけでなく、質の確保や安全管理が重要。今後も管理運営が適正に行われているか、しっかり注視して頂きたいと思います。

・指定管理者のモニタリング評価(白岡市)

 

白岡市はまだまだ子育て世帯の流入が増える街です。力を入れて保育環境の整備を進める事が重要です。今年度から福祉関係の担当部署も体制が変わりました。部長筆頭に児童福祉政策に精通されている方が揃っていますので、これからさらなる充実が期待できると思います。県からも出来る限りの支援策を引き出していきたいと思います。 

 

 

 

 

 

県議会へ 2023/5/1

今日は県議会へ。事務手続きや防災服の採寸などを行いました。県議会には傍聴で何度も来ていますが、議員として中に入るのは初めて。新鮮な気持ちでした。議会の開会はまだ先ですが、色々な事務手続きを進めています。

 

県議の任期がスタート 2023/4/30

今日から県議会議員としての任期がスタートしました。早速、自宅には紀章(議員バッジ)が届きました。郵送で送られてくるんですね。また今日の日に合わせて支援者の方から綺麗な花束を頂きました。ありがとうございます。議員として活動ができるのも皆様のご支援のおかげです。改めて感謝いたします。これから精一杯働いてまいります!

下大崎の藤まつり  2023/4/29

今日は下大崎地区の藤まつりにお邪魔しました。今年は藤が咲くのが少し早かったそうで、例年より藤の花は少なめでした。それでも天気は最高、子ども達の祭囃子や出店もあり、良い雰囲気でした。市の職員の方ともお会いしました。会場の皆さんと地域の事を色々お話しできました。

GW中の新型コロナ相談窓口  2023/4/27

埼玉県では新たに「埼玉県コロナ総合相談センター」が開設されました。ゴールデンウィーク中は、多くの医療機関がお休みとなります。コロナ感染が疑われる場合はこちらの総合相談センターで看護師が24時間体制で対応するとのこと。発熱などで受診に迷った場合はこちらにご連絡を。また急な病気やけが、虐待やいじめ、自殺予防に関する心の健康など、様々な相談等も受け付けています。

 

・GW中の新型コロナ相談窓口

 

ゴールデンウィーク明けの58日には新型コロナの感染症としての位置づけが5類に変更されます。こうした位置づけの変更でアフターコロナの環境になってきますが、埼玉県の感染症への対応力や医療環境の強化は喫緊の課題です。議会の場で政策提言をしていきたいと思います。

がんのピアサポーター養成  2023/4/26

がん患者や家族の交流を行う「すみれ会」の定期サロンに参加しました。すみれ会では県の制度を活用してがんの「ピアサポーター」養成をしていこうという話をしています。

ピアサポートとは同じ体験をした当事者同士が情報を共有して、助け合うことをいいます。がんを体験された方が、同じような不安や悩みを抱えているがん患者さんをサポートします。ピアサポーターは身近な相談役として医療機関からも必要とされており、県でもピアサポーター要請を支援しています。

日本では2人に1人ががんにかかると言われています。がん治療の充実はもちろん重要ですが、それに加えて、緩和医療や患者さんを支える制度の充実が求められていると思います。会の皆様とともに取り組んでいきたいです。

お問い合わせ先

渡辺そういちろう事務所
〒349-0214
埼玉県白岡市寺塚31
tel:0480-53-5834
fax:0480-92-2258
>>メールフォーム

QRコード

QRコード