若い力で白岡市・宮代町を活性化!渡辺そういちろう 公式ホームページ

今日から県議会が開会 2023/12/4

今日から県議会が開会しました。今年最後の定例会です。議会の冒頭では「北朝鮮による弾道ミサイル技術を使用した衛星打ち上げに断固抗議し、制裁措置の厳格な履行等を求める決議」を全会一致で可決しました。

その後、12月議会で審議される議案が上程されました。今議会も多くの議案が審議されますが、地元の農業支援に関係する議案もあります。これから細かく調査していきます。

議会終了後に、議員全員で大地震を想定した防災訓練を行いました。訓練とはいえ、いざやってみると色々な気づきがあります。またそれ以外にも、プロジェクトチームの会議や一期生の勉強会などがありました。

 

陳情の進捗報告   2023/11/25

宮代町で地域回り。頂いていた陳情の進捗報告をしました。山崎地区では先日交通事故が起きた事から、信号設置の要望を頂いています。新規の信号設置は道路幅や交通量の問題で難しい場所であったので、代替案を提案させて頂きました。地域の方には納得して頂けたので、関係機関と連携しながら進めていきます。また、新たに用水路に関するご相談などを頂きました。草刈りなどは基本的に地元対応になりますが、機能欠損の可能性もあるようなので、その場合は管理者の対応が必要になります。

大山小学校の廃校について   2023/11/24

今朝の毎日新聞に大山小学校の廃校問題について記事が出ました。この件については、保護者の方、大山地域元気会議の方、行政区の方、様々な方からご意見やご相談を頂いています。

大山小の児童数は減り続けており、今年度の生徒数は54名となりました。大山小のある大山地区は市街化調整区域であり、市内でも高齢化や人口減が進んでいる地域です。 

 

先の白岡市議会では、大山小の廃校について黒須議員が一般質問をしていました。また大島議長からは議会での大山小に関する議論を都度ご報告頂き、意見交換をしてきました。まもなく開かれる白岡市議会の12月定例会で、大山小を廃校とする議案が市から出されるとの事です。

これについては様々なプロセスが不足していると考えます。

2年前に市は大山小を小規模特認校に指定しました。小規模特認校というのは特色ある教育を展開して、学区の外からでも入学ができる制度です。生徒数増加を目指して制度を始めましたが、特色ある教育についての議論も十分行われず、効果検証もされていません。こうした制度の活用や検証も十分ないままに、廃校の方針が出される事には疑問です。何のために小規模特認校としたのか、まずはこの制度活用の工夫・努力が必要です。

 

また、私がご相談頂いた地域の方々からは市からの説明や話し合いが不足していること、統廃合の進め方について不安・不満の声を頂きました。新聞にもある通り、廃止後の通学先等について具体的な説明がなく、また廃校の跡地利用についても説明はまだなく、地元との議論や合意形成無しに統廃合が進められようとしているため、行政からのトップダウンと捉えられてしまっています。 

 

私は地元の関係者や保護者、そして行政で検討委員会を作り、今後について協議が必要ではないかと考えます。保護者や住民の参加を図り、検討のプロセスをもっと民主的にしていく事が重要ではないでしょうか。大山小の統廃合の問題は「教育的な視点」、「財政的な視点」、そして「地域の将来的な視点」、3つの視点からの議論を重ねていくべきです。協議をする上では、市が保有するデータや情報を公開し、地域と共有していく事も重要です。

 

この廃校問題は大山地区にとって重要な問題であるだけでなく、白岡市全体にとっても大きな問題です。慎重な議論が必要です。

 

>関連記事①

>関連記事②

4年振りのわんぱく商店街 2023/11/23

今日は4年振りにわんぱく商店街が開催されました。このイベントでは小学生の皆さんがお店の店主となって、実際に商売を体験します。子どもたちが自ら商品を仕入れて販売を体験する事で、商売の楽しさを知ってもらいます。県内でもこういったイベントはあまりありません。実際に接客をして、商品をPRして、凄く良い勉強になると思います。ふれあいの森公園の芝生広場にたくさんの店舗が並び、行列ができるお店もありました。ステージではお囃子やダンスなども披露されイベントを盛り上げていました。子どもたちはみんな商売上手でついつい買い過ぎてしまいました。

大島勉市議会議長と

福祉保健医療委員会の県外視察    2023/11/21 

福祉保健医療委員会の視察がありました。茨城県茨城町の複合型福祉施設「Human Solution Town」と栃木県矢坂市の那須学園に伺いました。

 

Human Solution Town」は障害者支援施設や就労支援施設、児童養護施設などの福祉施設が集まった大規模な複合施設です。建物も新しく快適な暮らしを追求した施設となっています。

カフェやフレンチレストランの経営も行っており、障害のある方が、就労訓練を積んだ後に、すぐにカフェレストランでも働けるように社会と繋がる場所も用意しているところは素晴らしい取り組みだと感じました。レストランで提供している野菜なども施設入所者が育てた農産物だそうです。施設をご紹介頂いた後に、人材育成の取り組みや運営の仕組みなどについて質問をさせて頂きました。職員の研修育成にも力を入れており、福祉に関する困りごとに迅速にワンストップで対応できる職員を育てているとの事です。

もう一か所向かった先は栃木県の児童自立支援施設、那須学園。不良行為を行った児童や生活指導を要する児童を入所させて、指導と自立支援を行います。窃盗や家出、暴力など入所理由は様々ですが、この学園で寮生活を営み、授業や部活動、行事などで成功体験や自己肯定感をつくり、家庭や学校に戻っていきます。心理や看護などの専門職など職員体制も充実しており、個々の児童に応じたきめ細かな生活指導や援助を行っている事がわかりました。入所している児童生徒たちも素直な生徒ばかりですが、先生にお話しを伺うと、一人ひとり素直で真面目な子どもばかりだが、集団になると不良行為をしてしまう子が多いというお話でした。埼玉にも同様施設として埼玉学園がありますが、ハード面や指導体制の違いなどを他の委員の皆さんと話し合い、今後の活動の参考になりました。

どちらの施設も入所している方がイキイキと元気に活動されているのが印象的でした。こうした施設はハード・ソフト両面からのサポートが必要です。財源は限られていますが、無駄のカットと効率的な財政運営を行い、社会的養護の充実に向けた支援が必要だと考えています。

 

 

 

わいわいコンサートに出演!   2023/11/20

みんなあつまれ! ! わいわいコンサートに出演させて頂きました。このコンサートはまちぐるみん白岡が主催していて、音楽を通した知育や親子の交流を目的としています。市内在住の音楽家が乳幼児向けの演奏を毎年行っています。

 

小さなお子さんが対象なので、泣いちゃっても騒いじゃっても大丈夫!ということで、今日も0歳のお子さんから小学生までたくさんの子どもたちが親子で聞きにきてくれました。

 

今回は弦楽四重奏で子ども向けの曲や誰もが聞いた事がある音楽を演奏しました。自分は第一バイオリンを演奏させて頂きました。

後半の「バイオリンを弾いてみよう」コーナーでは、7歳の女の子がステージに上がり、初めてバイリンを弾いてくれました。初めてとは思えない、綺麗な音色で、きらきら星のテーマを一緒に演奏しました。

 

小さなお子さんから「楽しかった!」と言ってもらえて、また曲を口ずさんでもらったり、音楽に合わせて踊ってもらったり、弾いているこちらも元気をもらいました。

 

お越し頂いた皆様、ありがとうございました。そして設営や準備をしていただいた関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

白岡 秋のイベント 2023/11/18

しらおか秋の彩りフェスタが開催されました。昨日は雨が降り天気が心配でしたが、今日は青空が広がりイベント日和となりました。これまで「農業祭」や「こもれびの森まつり」などそれぞれ行っていた秋のイベントをひとつに合体させてパワーアップしたのが秋の彩りフェスタです。農産物品評会や古本市など、おなじみの企画のほかにも動物とのふれあいやコストコフェアなど、たくさんの方が楽しめる新しい企画が盛りだくさんとなりました。これからさらに参加者も増えていくと思いますので、白岡を代表する一大イベントになりそうです。

夜は大山のランタンナイトへ。大山は今、大変重要な時期。地域の皆様と大山小学校の今後について意見交換をしました。この件については、ここ最近多くのご相談を頂いていますので、地域に寄り添い応えていきます。

がんのピアサポート 2023/11/11

自分も会員として所属しているすみれ会で「がんピアサポーターを考える講習会」を開催。白岡中央総合病院の先生方にもご協力頂きました。がん体験者が患者に情報提供や気持ちのサポートを行うのがピアサポートです。医師には聞きにくいことや体験者でなくてはわからない事もあります。そういった体験者だからこそできる患者支援があります。今日は中央総合病院の先生方がファシリテーターとなり、がんピアサポートについての講習を行いました。

がん医療といえば、今、埼玉県では浦和美園に順天堂大学付属病院の整備を進めています。2027年に開業予定ですが、この病院では、がんの陽子線治療といった最先端のがん医療設備を備える予定です。これまで陽子線治療や重粒子線治療などのがんの先端医療が受けられる病院は県内にはありませんでした。

 

こうした最先端医療の整備とともに、地域での緩和ケアやがん患者サポートを充実していく必要があります。特に地域においては、がん患者の方に「1人じゃない」そう思ってもらえるような寄り添う支援を目指していきたいと思います。がん患者を病院や家庭だけでなく地域でも支えられるような体制をつくっていくために取り組んでいきます。 

芋掘りイベント   2023/11/9

保育園の子どもたちの芋掘りイベントをお手伝い。毎年恒例になりました。小さい子は土いじりが大好きですね。みんな夢中で、一つ残らず掘り終わりました。今年は特に芋が大きく豊作でした。

和戸踏切の立体交差事業   2023/11/6

先月の一般質問で取り上げた和戸踏切の立体交差事業。まだ用地買収にも手がついていない状況ですが、事業のスピードアップを働きかけています。

まずは鉄道線路を跨ぐ橋の設計です。踏切をオーバーブリッジ化する計画ですが、家屋や店舗が並ぶ現場状況に配慮した設計と工事方法を東部鉄道と県が協議しています。設計がまとまりしだい、用地測量に入り、その後に用地買収をして、工事となります。

踏切の立体交差と並行して、和戸交差点の改良工事も進めています。こちらの方が先行して整備が進みそうですが、渋滞解消には効果が高いと考えられますので、併せて早急な整備を促していきます。 

消防特別点検   2023/11/5

今日は白岡市の消防特別点検の日です。消防器具の点検や操法訓練、また優良団員の表彰がありました。

消防団の活動は消火や火災予防だけではありません。近年は地震や台風、水害など災害も多様化、大規模化しています。比較的災害が少ない白岡市においても大規模災害の可能性は十分考えられます。消防職員だけでは手が回らない状況において、地域に密着し、地域を熟知している消防団の活動の重要性はますます高まっています。

 

消防団の皆様はそれぞれ自分の仕事を持ちながら、ボランティア精神で地域の安全のために取り組んでいただいています。消防団を無理なく続けられ、団の皆様が活動しやすい環境づくりについても県の立場から後押ししていきます。昼夜を問わず市民の安全を守って頂いている消防団の皆様に心から感謝いたします。

アーバンスポーツパーク設立の要望書   2023/11/1

今日はアーバンスポーツパーク設立の要望書を藤井市長に提出しました。大島議長、そして以前からスケボーパーク設置に取り組んでいらっしゃる中山議員とともに市長室に伺いました。アーバンスポーツパークというのはスケボーやフットサル、3on3バスケやクライミングなどアーバンスポーツを楽しむ都市型公園です。 

具体的には今、建設している白岡宮代線の道路の高架下にアーバンスポーツの公園を作れないか、というお話しをさせて頂きました。高架下のスペースを有効活用して、費用対効果を考えながらの整備検討が重要だと思います。藤井市長からも前向きに検討頂くという言葉を頂きました。 

市内の活性化や若い世代の交流人口の増加につながる取り組みであり、白岡市の都市的イメージの向上が図れます。近隣にはない、新しいかたちの都市型公園の検討が必要です。

 

【以前の記事】アーバンスポーツパークの設立要望

救急電話相談の質向上を   2023/10/31

この前の議会の一般質問で「救急電話相談」を取り上げました。救急電話相談というのは#7119番や#8000番の救急相談ダイアルです。救急車を呼ぶべきか迷った時、また病院に行くべきか迷った場合に相談ができます。救急電話相談は家族や子ども、自分に何かあった時に頼りたいシステムであり、また救急車の適正利用や救急医療の負担軽減にもつながる取り組みです。

 

この電話相談事業の質を上げていきたいと考えています。今日は先進的な取り組みを行っている企業からオンライン会議で話を伺いました。救急電話の際に、医師が直接相談に乗ってくれたり、医師がオンライン診療を行ったりできるシステムもあり、そうした先進的な電話相談事業に取り組む自治体・企業が出てきています。

埼玉県でも救急電話相談事業を行っていますが、以前から、救急電話相談の対応について疑問の声を頂く事が多々ありました。夜中に急な子どものケガで電話した際に適切な対応方法を得られなかったという声や、具合が悪くて病院に行った方がいいか迷った場合も病院に電話する事を促されるだけだったという声も頂きました。一日約300件の相談に26回線で対応していますが、時間帯によっては繋がらないという声もありました。軽い症状でも電話相談事業では心配が収まらず救急車を呼んでしまうケースもあり、トリアージが働いていない場合もあるようです。

電話相談事業の質を上げていく事は、市民の安心と安全に直結するだけでなく、医療現場の負荷を減らし、持続的な医療環境を創っていく事にも繋がります。電話相談事業がしっかり機能しているか、チェックを行う体制やPDCAの取り組みも必要です。埼玉県では主に看護師が電話相談を受けていますが、医師が直接相談に受けるという画期的なシステムも研究・検討していくべきと考えます。現環境を見直し、行政だけでなく、民間との協働で取り組んでいく事が重要です。今後も委員会や議会などで取り上げ、救急電話相談の充実を働きかけていきます。

事務所にて   2023/10/30

白岡市の中村ただし市議会議員が事務所にいらっしゃいました。中村議員の地元地区の通学路の危険個所の改善等について話を伺いました。子どもや歩行者の安全対策については県警や道路課、安心安全課や教育委員会など多岐に渡る場合もありますが、各部署と連携しながら今後も対応していきたいと思います。 

その後、県のズーム会議があり、再生資源に関する今後の取り組みについて環境政策課と意見交換しました。埼玉県ではオンライン会議がかなり進んでおり、色々な打ち合わせをズームで行う事ができます。浦和に行くだけでけっこう時間がかかるので、デジタル化のおかげで時間の有効活用ができて本当に助かります。

 

地域のイベントに参加 2023/10/29

今日は白岡市で「筑後様まつり」や「マチナカマルシェ」などのイベントが開催されました。どちらのイベントも年々パワーアップしています。市民が企画をして、行政はその後押し。だからこそ自由な発想でイベントが広がっていきます。こういった市民活動の盛り上がりが街の活性化に繋がっていくと思います。

 

 

宮代町では産業祭が開催されました。宮代町の企業やお店が集まり、ブースを出店します。焼きそばやタコ焼きなどの屋台はもちろん、木工教室や農産物、輪投げなどのコーナーもあり、家族で遊びに来ている方もたくさん。様々な屋台が楽しめるだけでなく、地元の会社やお店を知る良いきっかけにもなります。

 

いずれのイベントも準備は本当に大変だったと思います。ご尽力、ご協力頂いた関係者の皆様、地域の皆様には深く感謝いたします。来年もまた楽しみにしています!

白岡文化祭が開催 2023/10/28

今日は白岡文化祭が開催されました。毎年秋に行われているこのイベントも今年で46回目になります。市内で活動する様々な文化団体が成果を発表します。コミュニティセンターでは歌や舞踏などのステージ、中央公民館では写真や書などの作品が披露されます。

 

今日のステージでは白岡市の職員さんも衣装をバッチリ決めて参加し、いつもとは違う姿を見せてくれました。皆さん素晴らしいパフォーマンスで、会場を楽しませてくれました。芸術の秋を彩るこちらの文化祭は115日までコミュニティセンターと中央公民館で開催されています。 

 

「ゆうやけひろば」へ   2023/10/26

合川議長と宮代町の子ども食堂「ゆうやけひろば」へ。ここは子どもだけでも入れる、みんなで楽しく食事ができる子どもたちの“居場所”です。子ども100円、大人200円で参加ができます。

 

午後6時ごろ伺いましたが、席はたくさんの子どもたちで満席。保護者の方と来ているお子さんもいらっしゃいました。子どもたちも「美味しい!」と大喜びでした。スタッフも大忙しで、大学生がボランティアでサポートされていました。 

「ゆうやけひろば」では寄付された食材をうまく活用してスタッフの皆様が手作りでメニューを作られています。携わってくださっている皆様には本当に感謝です。

 

埼玉県も今、子ども食堂など子どもの居場所づくりに力を入れて取り組んでおり、様々な支援を行っていますので、現場を見に行けて良かったです。運営の課題などご意見を伺いながら行政と繋いでいきます。食料品や運営資金をご寄付頂ける方は宮代町社会福祉協議会までご連絡をお願い致します。

久喜地方地域安全・暴力排除推進大会   2023/10/25

久喜地方地域安全・暴力排除推進大会に出席しました。久喜市・白岡市で地域の防犯活動に取り組んで頂いている関係団体が久喜総合文化会館に集まりました。  

埼玉県の犯罪認知件数はここ20年減少傾向ですが、令和4年度はその前の年に比べて犯罪件数が増加しました。特に自転車の盗難や特殊詐欺が増えています。白岡も特殊詐欺の被害が多く、さらなる注意喚起が必要な状況です。 

今日は地域の防犯に長年貢献頂いた皆様、そして防犯ポスターを制作して頂いた学生の皆様に表彰状が贈られました。白岡市民の方も何名か表彰されました。表彰された皆様、おめでとうございます。防犯パトロール等、日ごろから地域の安全のために取り組んで頂いている事に、改めて感謝いたします。

事業者からのご相談 2023/10/24

今日は白岡市内、宮代町内の事業者から色々なご相談を頂きました。介護福祉施設には以前から頂いていた陳情の進捗の報告に行きました。介護施設はどこもコロナ渦や物価高騰で非常に厳しい状況が続いています。県からも県内事業所に多少の補助は出ていますが、それだけでは厳しい状況は変わりません。人材不足も慢性的な課題ですが、やはり現場でも離職率の高さが大きな課題となっているようです。また来年は介護報酬の改定が行われますが、現場の事業者の視点から様々な懸念点をお話し頂きました。

またリサイクル事業者の方からご相談頂き、資源の有効活用の取り組みについて意見交換をしました。自分も蓮田白岡衛生組合で議員をしていましたが、廃棄物を減らして資源をリユース・リサイクルする社会的な意義はますます高まっています。行政だけではできる事が限られてしまうので、民間のリユース会社やプラットフォームと連携していく事が重要だと思います。今日お話しを伺った事業者はさいたま市と提携して資源のリサイクルを行っていますが、県内のさらに多くの市町村と連携できる可能性を感じました。

秋晴れの一日 2023/10/22

今日の午前中は白岡ふるさとまつり、午後は宮代町の百間新道のまつりに参加しました。どちらも伝統あるまつりです。多くの人で賑わいました。コロナ禍からの復活で、今まで以上の人出のように感じました。さわやかな秋晴れのもと、多くの方と交流ができ、充実した一日でした。

お問い合わせ先

渡辺そういちろう事務所
〒349-0214
埼玉県白岡市寺塚31
tel:0480-53-5834
fax:0480-92-2258
>>メールフォーム

QRコード

QRコード