若い力で白岡市・宮代町を活性化!渡辺そういちろう 公式ホームページ

オンライン授業の導入を  2020/5/3(日)

白岡市も県と同様に休校措置が取られています。学生も休校が長く続き、学力の遅れが懸念されます。全国では「オンライン授業」を導入する動きも広がっています。お隣の久喜でも始まりました。
 

白岡市の教育部局に確認したところ、双方向によるオンライン授業は現在の環境では難しい。しかし一方通行のビデオ学習(録画されたものを流す)であれば実現可能性がある、教育委員会でも調査検討を進めるとの事です。

3390016_s.jpg

先行する自治体は手探りで、導入を進めています。家庭によっては通信環境が整っていない場合があります。そうした生徒には行政がタブレット貸与などでサポートしているケースも見られます。財源としては文科省のGIGAスクール構想の補助金など活用できるものも出てきています。
 

オンライン授業にも色々あり、ビデオ会議のように多人数同時に行う形式もあれば、ビデオではなく教師からオンラインで送られてくる課題をこなしていく形式もあります。色々な方法があるので、必ずしもZoomやTeamsを使ったビデオ会議形式にこだわる必要はありません。
 

ICTの活用力が地域の学力差につながる恐れがあります。白岡においても、オンライン授業の取り組みを進めるべきです。
 

いきなりWebアプリを使ったオンライン授業とまではいかなくても、ビデオ学習などの取り組みは進められます。そして段階的にIT活用の幅を広げていくべきです。PCを使ったオンライン授業やビデオ学習は個々人の苦手部分に合わせた復習、個別学習、不登校生徒への対応、またプログラミング教育や英語学習にも適しています。
 

eラーニングはコロナ禍に限らず今後も重要になってきます。まずはできるところから、ビデオ学習など学習支援の充実を訴えていきたいと思います。 

 埼玉県の補正予算  2020/5/3(日)

先日可決された埼玉県の補正予算では、感染拡大防止対策や医療体制の整備などに予算がついています。
 

埼玉県にある福祉施設や医療機関にマスクや防護服などが配布される見通しです。埼玉県もPCR検査を集中的に行う「PCRセンター」を県内約20か所設置するとの事です。これは郡市医師会が運営する事になりました。(白岡市の所属は南埼玉郡市医師会です。)保健所を通さずに検査を行う流れです。
 

また軽症者を受け入れる宿泊施設の確保には60億の予算がついています。5月3日現在は病床600床目標に対して575床、ホテル1000室目標に対して514室が確保されたとの事です。地元医師会には軽症者の宿泊先の確保について埼玉県から協力要請が出たようです。感染検査と病床確保について行政と地域医療で役割分担して対応していく形になります。

adadaaadafagsga.png

埼玉県中小企業・個人事業主支援金  2020/5/2(土)

埼玉県の中小企業・個人事業主への支援金の受け付けが7日から始まります。4月8日から5月6日までの間で20日以上休業している県内の事業者、または売上がなかった日が続いた県内の事業者へ20万円(複数事業所を休業している場合は30万円)支給されます。申請方法は電子申請になります。下記リンクの埼玉県ホームページから詳細をご確認ください。
 

・埼玉県中小企業・個人事業主支援金(埼玉県ホームページ)

白岡市内6人目の感染  2020/5/1(金)

白岡市で6人目の新型コロナウイルス感染症の症例が確認されました。

40代、女性、医療従事者の方です。勤務先の病院でクラスターが発生したと見られます。この方はさいたま市のPCR検査を受け、陽性結果が出ています。詳細は下記リンクをご確認ください。
 

・新型コロナウイルスに関連した患者等の発生について(さいたま市ホームページ136例目)

自粛期間  2020/4/30(木)

現在、市内の公園の遊具なども使用不可となっています。接触感染のリスクを減らすためです。自粛ばかりで精神的にもストレスが溜まりますが、今は感染の機会を減らしていく事が必要です。
 

先日、議会から市の対策本部へコロナ対策の要望を出しました。担当課から、今後は埼玉県と情報共有を進めながら感染拡大の防止に努めていく、と返答がありました。もがきながらできる限りの対策を進めていくしかありません。

koenadadad.png

報道では、国が緊急事態宣言を一か月延長するとありました。延長は想定内の事ではありますが、しっかりゴールが設定されていないのが疑問です。このままダラダラ続けるのではなく緊急事態宣言を解除する基準の明確化、そして段階的解除の方法、解除を行う順序について検討する必要があるのではないでしょうか。
 

出口がなければ続けられません。医療崩壊を食い止めながら社会を動かしていく道を探す必要があると思います。

白岡市独自の支援  2020/4/27(月)

新型コロナ対策として白岡市独自の支援を行うと担当部局から連絡がありました。市内のひとり親家庭に給付金を配る経済支援です。
 

0歳から18歳までの子どもを抱えるひとり親家庭に、子ども一人あたり2万円が支給される予定です。仕事の休業や学校の休校などで特に大きなダメージを受けやすいのがひとり親家庭と言われています。白岡市では約300世帯、約400名のひとり親家庭の子どもがいるとの事です。本当に生活に困っている方に少しでも早く支援が開始されればと思います。
 

◆ひとり親家庭子育て支援臨時給付金

・対象:児童扶養手当受給者

・金額:子ども一人あたり2万円

・給付時期:5月

・手続き:手続き不要。児童扶養手当支給口座へ振込

 

・新型コロナウイルス感染症緊急対策(白岡市ホームページ)

特別定額給付金に関して(配偶者の暴力から避難している方) 
2020/4/26(日)

一人10万円を世帯に給付する「特別定額給付金」は市が窓口となります。配偶者からの暴力を理由に避難している方は、手続きを行えば、世帯主でなくとも給付金を受け取ることができます。詳しくは市のホームページをご確認いただき、地域振興課・人権担当までお問い合わせください。

救急隊員の感染防止策  2020/4/24(金)

新型コロナ患者を搬送する救急隊員の感染リスクも高まっています。白岡市の救急は埼玉東部消防組合の救急隊員が行います。
 

現在、救急隊員は「全ての出動」でゴーグル、N95マスク、手袋、防護服(タイベックと同機能)を装備して処置にあたっています。装備品の不足が心配ですが、今のところはマスクや防護服の在庫も確保されている状況との事です。緊急搬送後は保健所から助言を得ながら、対応に当たった救急隊員の健康管理と救急車の消毒が行われています。
 

またそのような状況ですので、救急隊員が防護服を着ているからと言って、必ずしも新型コロナウイルスに感染している方への対応をしているというわけではありません。

tobushobou.png

医療従事者の方々と同様に、最前線でコロナと対峙している救急職員の方々に感謝の思いです。救急は安心安全に直結する非常に大事な職務です。救急隊員を感染から守ることは、地域の救急体制を維持し、さらなる感染を広げないための重要な対策です。
 

引き続き、一人ひとりが感染予防と自粛を行い、早期終息に向けて取り組みましょう。

昨日の報道  2020/4/23(木)

昨日の報道があり、多くの方々からご意見やご心配の声を頂いています。

今現在、各会派で意見を取りまとめています。白岡市議会として市に緊急要望を出します。
 

まず今進めなければならないことは下の3点だと考えます。
 

①県との情報共有・仕事分担

以前、ここでも書きましたが、県との情報共有が全くできていません。県から情報をもらい、市で分担できる仕事は市にまかせてもらう体制が必要だと思います。
 

②医師の確保と看護師の確保

市の医師会と連携し、軽症者に対応できる医師と看護師の確保が必要です。
 

③軽症者宿泊施設の確保

市で民間ホテルなど軽症者を宿泊させる施設を確保する事が必要だと考えます。県では間に合いません。市で対応していくべきと考えます。

 

PCR検査の拡充は感染者に対応する環境が整ってから、と考えます。まずは感染者拡大を止める対策と医療環境の構築です。一市議会議員としてできる事は限られるかもしれません。しかしできない理由ではなく、できる方法を考え、大切な命を守るためにできる限りを尽くしたいと思います。
 

ご意見・ご質問など、どんな事でもお寄せください。こちらから。

 

・4月22日埼玉県報道発表(埼玉県ホームページ)

新型コロナウイルス支援情報  2020/4/19(日)

新型コロナの支援制度が複雑でわかりにくくなっています。下記のまとめサイトなどを参考に、活用できるものがないかご確認ください。助成金などの情報は日々更新されますので、詳しくは各窓口までお問合せください。

 

◆個人向け新型コロナ支援まとめ(永野海弁護士作成)

 

また埼玉県では新たに中小企業への支援金などを検討しています。議会で補正予算成立が正式決定となります。支給条件など変更となる場合もあります。

 

◆休業中小企業への支援金

対象:県内中小企業で、4月8日〜5月6日までの間、7割(20日あまり)休業する場合

支援額:20万円または30万円(2か所以上の事業者がある場合)

申請期間・支給方法:未定(インターネットや郵送を検討中)

詳細は埼玉県ホームページにて

 

◆新型コロナの影響により住居の確保が困難となった方に県営住宅を提供

対象:埼玉県内に住所があるか、離職前の勤務場所が埼玉県内にある方で、解雇や雇い止め等により住宅から退去を余儀なくされた方やその見込みのある方。

提供住宅:県営住宅91戸

提供期間:原則6か月

使用料等:最低家賃の2分の1

申込方法:電話

申込先:埼玉県住宅課 048-830-5564

受付期間:4月20日(月曜日)から平日の9時から17時まで

詳細は埼玉県ホームページにて

 

◆埼玉県業種別組合応援金

対象: 感染症の影響を緩和するための適切な事業を実施する業種別組合(業種の縛りなし)

支援額  500万円/組合 

申請期間・支給方法:未定

詳細は埼玉県ホームページにて

白岡市4人目の感染  2020/4/17(金)

白岡市で4人目の新型コロナウイルス感染症の症例が確認されました。50代会社員の方で、38.6度の熱や咳、味覚異常の症状が見られるとの事です。詳細は県のページでご確認ください。

 

新型コロナウイルスに関連した患者等の発生について(埼玉県報道ページ533例目)

発熱や咳、倦怠感などの症状があり新型コロナウイルスの感染が疑われる場合は、受診する前に、埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター(またはかかりつけ医)に電話で相談し、指示を受けましょう。

 

・埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター

TEL 0570-783-770(24時間受付)

新型コロナ対策、支援 2020/4/15(水)

創政会のメンバーで会派会議を行い、新型コロナ対策について意見を出し合いました。市に提言や要請を行うためにメンバー全員で整理を行いました。
 

補償や支援の部分ですが、全国の自治体では市町村でも独自支援を行う所が出てきています。白岡市として単独の補償や支援を検討するためには、市の実情を調べる必要があります。
 

全国では休業補償など事業者向けの支援を行うところ、現金や商品券を市民向けに配る支援を行うところ、子どもや子育て世帯に限定して支援するところなど様々です。地域性に合った支援の形があります。市町村の実情によってやるべきことが異なります。
 

国や県も支援制度を設計中です。特に県とは政策的効果を出すためにも足並みをそろえる必要があると思います。いくらになるかわかりませんが国の交付金も来るので有効に活用すべきです。県や国の動きに注視しながら、議会として提言できればと思います。
 

もちろんまず感染拡大の防止を行わなければなりません。感染者等の情報について市には県のホームページ以上の情報は入ってきていないようです。情報がなければ詳細な対策を講じることは困難です。県は市町村との情報共有を図るべきではないかと思います。
 

また今後、感染者が増加すれば市が軽症者への対応などを担う事も考えられます。さらなるフェーズの変化も想定して準備が必要だと思います。
 

議長を通して、対策本部に質問・提言などを行っていきます。市の対策を後押ししていきたいと思います。

IMG_7041.jpg

新型コロナウイルスとの戦い  2020/4/14(火)

週末の東京都心はかなりの人出が減少したようです。白岡市内も出歩く人が少なくなった気がします。5月6日まで心と体のバランスを崩さず、人との接触を減らしていかなければなりません。
 

新型コロナウイルスとの戦いには必ず終わりがあります。医療関係者が最前線で戦っているのと同時に治療薬やワクチンの開発も急ピッチで進んでいます。

586b6edc3f8c8c04849b8c8ffef10566_s.jpg

今はウイルスに対して防戦一方ですが、薬が開発されれば、状況は大きく変わります。報道では世界中で70種類以上のワクチンの開発が同時並行で進んでおり、3つは既に臨床試験が行われているとの事です。日本の製薬会社も予防ワクチンの開発を着々と進めています。アメリカやヨーロッパでは抗体検査を行い、抗体を持っている人に経済活動や医療現場に戻ってもらう戦略を進めています。
 

薬さえあれば決して怖い病気ではないはずです。状況が変わるまでの間、医療崩壊を避けるために、引き続き感染防止(手をよく洗い、不要不急の外出を控え、部屋の換気を良くする)を徹底しましょう。 

緊急事態措置 2020/4/11(土)

埼玉県では13日から緊急事態措置(第2弾)が実施されます。主に人が集まる施設に休業の要請が出されます。休業補償ではありませんが、被害を受けた事業者への救済として政府は「持続化給付金」を創るとしています。中小企業最大200万、個人事業主最大100万を給付するものです。国の補正予算が通れば、自治体を通さずに給付がなされます。素早く成立させてほしいと思います。(オンライン申請、または商工会が窓口となる予定です。)
 

また東京は独自に休業に対して経済補償を行うようですが、埼玉は財政的に困難です。埼玉県は以前から人口当たりの医師・病床不足が指摘されており、医療にも緊急の対策が必要な状況です。これ以上の感染拡大をくい止めるために、緊急事態宣言地域に対して国の集中的な経済・医療サポートが必要ではないでしょうか。

白岡市も県と役割分担をしながら対応をしていかなければなりません。休業を要請した施設以外でも、食品スーパーや融資の窓口、病院なども感染リスクが高まっています。民間事業者と協力しながら感染対策を進めていく必要があります。

先日、白岡市議会は正副議長・会派代表者・各委員会代表者が集まり、新型コロナウイルスに対する議会の対応、そして危機管理体制について話し合いました。市民の声を届ける事はもちろんですが、このような緊急時に議員の色々な意見で執行部の業務を停滞させる事がないよう、内容を精査して政策提言する体制が必要だと思います。白岡市としてできる事、やるべき事を整理しなければなりません。議会も市と一丸となって対応していきます。 
 

埼玉県緊急事態措置第二弾(埼玉県ホームページ)
 

【お問い合わせ】 
緊急事態措置相談センター
電話:048-830-8141
開設時間 9時00分〜18時00分(土日・祝日も実施)

新型コロナウイルス関連 2020/4/7(火)

今日、学校の休校延長が決まりました。5月6日まで休校となります。(状況によっては休校が延長となる場合もあります。)また学童保育所の臨時運営や施設・イベントの情報についても随時更新されています。詳細は市のホームページをご確認ください。
 

・小中学校の臨時休業について(白岡市サイト該当ページ)

・市から新型コロナウイルス感染症についてお知らせ(白岡市ホームページ)

 

・新型コロナウイルス相談窓口(埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター)

 電話番号:0570-783-770 FAX:048(830)4808

 受付時間:24時間(土日・祝日も実施)

緊急事態宣言 2020/4/6(月)

緊急事態宣言が出される見通しです。7都府県に埼玉も含まれます。
 

白岡市も行動計画に基づき対応していく事になります。行動計画については埼玉県も白岡市も「新型インフルエンザ等対策行動計画」の中で緊急事態の行動を規定していますので、これがたたき台になると思います。
 

国の指針はもちろんですが、県の行動計画と指示に基づいて市は対策を進めます。大阪府ではすでに買い占め、売り惜しみを調査・監視するなどを盛り込んだ行動計画を策定しているようです。近く埼玉県から計画内容が示されると思います。学校の再開判断も見直しになってくるだろう思います。
 

緊急事態宣言は政治上の手段でしかありません。一人ひとりの行動変容が何よりも重要です。力を合わせてこの危機を乗り越えましょう!

マスク不足 2020/4/4(土)

マスク不足が続いています。議会や会議でもマスク着用が義務化されていますが、なかなか手に入らない状態です。

自分は手作りのマスクを使っています。クッキングペーパーでつくるマスクです。作り方を紹介するサイトもたくさんあります。手作りでもウイルスを広めることは防げるので、ぜひお試しください。

IMG_6947.jpg

お問い合わせ先

渡辺そういちろう事務所
〒349-0214
埼玉県白岡市寺塚31
tel:0480-53-5834
fax:0480-92-2258
>>メールフォーム

QRコード

QRコード